おすすめの3dプリンターを取り入れるメリット

プリンターの課題と可能性

3Dプリンター

現代の印刷技術に関して

3Dプリンターは、現代に入ってから社会全体に大きく普及するようになりました。主な効果として、対象物を立体的に制作できるようになり、三次元の要素を新たに加えることが可能なメリットがあります。3Dプリンターを用いて、製造を進めるにはコンピューターで作成した設計図を参照しつつ、断層の形状を徐々に積層してゆくことで立体的な作品を完成させることができます。手法としては、光造形法や粉末法など、その用途に合わせた制作方法があるので、実践的な製造を可能にしています。3Dプリンターの課題としては、現状では大量生産が難しいとの点があります。基本的に従来の印刷技術と比較すると機械の値段が高価であり、制作するスピードが低速でしか行えないからです。また、しっかりとした強度を追求する部品に対する応用が困難を極めることもあります。使用可能な樹脂や材料を確保するのに費用がかかること、そして層間にはわずかな剥離が求められるため、頑丈な製品に仕上げるのは難しい現状があります。それらの課題がある中でも、3Dプリンターは将来における可能性を大きく含んでいます。製造業を中心にして、建築・医療・教育、そして宇宙といった分野で普及が進んでおり、機能検証やデザインの確認などの作業に3Dプリンターは重宝されるようになってきました。昨今では、精細が抜群に向上しただけではなく、ゴム系の素材も同時に使用できるようになったため、用途の幅も拡大する方向に向かっています。