おすすめの3dプリンターを取り入れるメリット

電話回線「不要」の電話

通話

コスト削減のために

企業における他社や顧客との連絡手段として、電話は無くてはならないものである。社長から一般社員に至るまで、各々の作業机には電話が設置されている。そして、日々連絡を取り合っているのだ。それだけに、電話代には多くのコストがかかっているのだ。企業経営にとってネックになる電話代を節約する方法として、「IPフォン」が挙げられる。IPフォンは一般的な電話とは異なり、インターネット回線を通じて音声のやり取りをする電話のことをいう。そのため一般的な固定電話よりも通話料や基本料金がかなり安くすることができ、電話代節約に一役買うことができるのだ。IPフォンはインターネット回線を利用するため、光回線などとの契約とプロバイダの契約をする必要がある。さらに、IPフォン対応の電話機も設置しなければならない。これらを接続すると利用が可能になる。IPフォンは「外線にかけるときにしか役に立たない」というのは間違っている。IPフォンは、同じプロバイダという理由で通話料がかからないという場合もある。そのため、社員同士の連絡に使う「内線」にも効果があるのだ。社員同士の重要な連絡や問い合わせなどにもIPフォンが使われている。他部署等に連絡する都度、外線をかけていたら、非常に多額の電話代がかかってしまう。IPフォンを利用するにあたり、インターネット回線があり同じプロバイダを利用することが必要だ。それだけでコスト削減が出来るのだ。IPフォンはコスト削減も出来、外線も内線もかけられる。導入を検討する価値はある。