おすすめの3dプリンターを取り入れるメリット

業務に適した商品の選び方

3Dプリンター

印刷時間と使用素材が重要

3dプリンターの普及が進んでいます。個人向けとして利用される製品であれば、格安で購入またはレンタルすることが可能です。大手通信販売サイトでも3dプリンターが販売されていますが、これらは主に家庭用の製品ですから、業務専用品を選ぶことがおすすめです。具体的な選び方ですが、印刷時間と使用素材、そして販売・リース業者のサポート体制という3点が挙げられます。まず、3dプリンターの印刷時間は一律ではありません。素材にもよりますが、1時間あたり20mm台または30秒台が主流です。印刷時間が短いものほど高価となることが普通ですから、業務に利用する際の所要時間により判断することをおすすめします。次の要素は素材選びです。3dプリンターは石膏を固めて出力するものが多くなっていますが、中には樹脂を使うものもあります。後者は医療機器やプラスチック製品の少量生産に適していますが、社内で用いる模型を作るのであれば、普及モデルの多い前者がおすすめです。さて、重要であるにもかかわらずあまり検討されないのが、3点目のサポート体制となっています。業務用3dプリンターは高価な精密機械ですから、素材が詰まったり部品が破損したりした時は、すぐに修理しなければなりません。3dプリンターは21世紀に登場したと誤解されることもありますが、業務用としては数十年の歴史があります。長年にわたって開発や輸入を手がけている企業を選び、充実したサポートを受けられるようにすることがおすすめです。

電話

仕事で使う電話

ビジネスホンのリースを行っている業者選びでは、新品で最新のビジネスホンを選べる業者を利用しましょう。また業者によってリースしているビジネスホンの特徴が違うため、企業の業務にあった業者を選ぶことがポイントです。

3Dプリンター

プリンターの課題と可能性

3Dプリンターは現代社会で定着する動きを見せるようになってきました。主な課題として、大量生産には向いていないこと、そして適度な強度を実現できないといった点が挙げられます。3Dプリンターの可能性は、デザインの検討や機能の検討など、主に製造業を中心に活用の幅を広げていることです。

通話

電話回線「不要」の電話

電話代削減のために、「IPフォン」の導入を検討することは必要だ。インターネット回線を通じて声のやり取りをするため、一般固定電話よりもかなり安いということも、大きなメリットのひとつである。また、社内の内線用にも利用でき、決して外線だけのものではないのも魅力的である。